武蔵野きしめん本舗

癖になるモニュモニュ食感麺 フードコートスタイル大型店舗 [川島町](かわじままち)

最終更新日 : 2021/7/22

大規模店日曜営業カウンター席有お座敷有駐車場有(提携含)

メニュー

つけ汁うどん

ブタバラ

  • ブタバラきしめん 並盛(400g) ¥750(税込) まいたけ天+

《【ブタバラきしめん】【並盛】400g》
 一般的な「肉汁うどん」を食べたい場合はこのメニュー。
豚バラ肉・ネギ・お揚げの王道具材に、魚介出汁の効いた熱々汁。しかしやはり記憶に残るのは、独特なきしめんの食感。武蔵野うどんとしては比較的柔らかめの印象ですが、コシはあります。モニュモニュっとした食感を最後まで楽しめます◎

辛みそ

  • 辛みそきしめん 並盛(400g) ¥850(税込) かきあげ天+

《【辛みそきしめん】【並盛】400g》
味噌ベースで辛さレベルが調整できる旨辛汁。1辛でとっても赤々としていますが、そこまで辛すぎず程よい旨辛具合です。私でも頑張れば3辛まで挑戦できるかも? と思いました。でも更に上の鬼辛はちょっと怖いですね、笑  (ちなみに鬼辛をクリアした方には更に上への挑戦が可能とのこと/(^o^)\)
 他のお店でも旨辛つけ汁はありますが、「辛みそ」ベースであることで差別化が図られていると感じます◎

サイドメニュー

まいたけ天

  • まいたけ天ぷら ¥150(税込)

 程よいサイズのまいたけ3つ。揚げたて、熱々、サックサクで提供されます✨

かきあげ天

  • かきあげ天ぷら ¥100(税込)

このサイズで100円は高コスパですね。 こちらもアツアツ・サクサクで提供いただけます◎

内観

外観・駐車場

ちょっと贅沢したい時もホットペッパーでお店検索&オトクなクーポンGET!!

特徴

「農林61号」100%自家製麺

 きしめん本舗さんの麺は、埼玉県嵐山町(らんざんまち)が原産の小麦「農林61号」100%使用。
[農林61号とは?]
 → 埼玉県で平成25年まで主力小麦として生産していた品種だったとのこと。
  (平成26年以降「さとのそら」という品種が主力)
同じ面積でより多くの量を収穫できる。雨風にも強い。といった特徴の差から、どうやら補助金が出る出ない差も発生したようです。このため現在「農林61号」の生産で、生産農家が採算を取るのは難しいとのこと。
 そのような状況下で「農林61号」の生産量はどんどんと減少してしまったわけですが、埼玉県民にとっては長年の馴染み深い品種であり、「さとのそら」にはない独特の風味があることから、今での多くのファンを魅了し続けている小麦のようです。
 私もここで発見してから調べて知った情報でしたが、確かに風味が強く、独特の「モニュモニュ」っとした食感が癖になる、またどこか懐かしいような味のする美味しいうどんでした◎

フードコートスタイル

 ①入り口で消毒+検温
 一番奥の注文口で注文 → お会計
 番号札を受取 → 好きな席へ着席
 席に着いたら水・お茶はセルフで
 番号でお呼出→食事受取
 食後は食器を返却台へセルフ返却
 きしめん本舗さんではこの様な流れで食事します。単独のうどん屋さんでは珍しいスタイルだなと思い特筆させていただきました(^人^)

近くのオススメ[武蔵野系]

【 【A】武蔵野きしめん本舗から半径5km圏内 】(参考ルート)

【B本格手打うどん 庄司 3km
  〒350-0152 埼玉県比企郡川島町上伊草743-9

基本情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です